初心者オサムシがExcelのマクロと戦う戦闘ブログである
by オサムシ
if (イフ)/マクロ基礎

if (イフ)/マクロ基礎


if文はどんなプログラムでも必須の命令文

というよりプログラムってifそのものだよね

if文(イフぶん)はプログラミング言語において「もし~だったら」という条件を示す文である。if else文と呼ばれることもある。

大概、こんな説明だよね

つまり条件分岐なんだけど、コンピューターってのは条件による結果として0とか1を送ったりメモリしたりする装置

ON or OFFのスイッチングをしてるだけなんだよ

なのでifはコンピュータープログラムの基本中の基本

薀蓄はともかく、マクロではどんなふうに書くか。。

まずは謳い文句

さぁご唱和ください「VBAはSubで始まりEnd Subで終わる」

sub nenrei
age = range("A1").value '変数 age に A1 セルの値を代入
if age >= 20 then 'if 文で成人の分岐点である20以上かを判断する。thenはifのお決まり文
range("B1").value = "成人" 'if で真(if に当てはまる)ならココを実行。B1 セルに「成人」を入力
end if 'if 終わり
end sub


スペルミスが無ければ下記のように変わる
Sub nenrei()
age = Range("A1").Value
If age >= 20 Then
Range("B1").Value = "成人"
End If
End Sub

A1セルに25を入力してマクロを実行
d0285354_05771.jpg


見事B2セルに「成人」が入力された
d0285354_0581951.jpg


これを複雑に組み合わせるといろんなことができるという訳

小さな事からコツコツと。osamushi

オサムシじゃーなる
[PR]
by 03musi | 2012-12-15 01:11 | マクロ 基礎
<< イベントプロシージャ/マクロ基礎 もくじ ~ site map ~ >>